2013-10-06(Sun)

ブラッドラッドの斉藤良成さんについて。

前回ブラッドラッドに斉藤さん来るといいなぁって書きましたが、結構参加されてましたね。
やっと見終わったので、備忘録的な意味も込めて忘れないうちにブラッドラッドでのお仕事内容に触れたいと思います。


とりあえずOP。
op.jpg

前にも書きましたがこのウルフのカットから4カットですかね。
画像のような腕を前に出して振り下ろす動作をする時、斉藤さんは普段3コマ使ってタメツメくっきりつけてることが多いんですけど、このカットはタイミングも詰め気味で、2コマで振り下ろしが完了してしまっていてちょっとインパクトに欠けるというかなんというか。
ポージングも斉藤さんの魅力であることは確かなんですが、そのポージングで溜められた力が独特のタメツメでインパクトの瞬間を作り出していることこそ斉藤さんの魅力だと思います。



2話は絵コンテ演出作監原画と大活躍でした。
この話で印象的だったのは文字を使った表現が多かったことですかね。
en.jpg
もっといろいろあったと思うんですけど取り敢えず抜粋。

特に印象的だったのは魔界でのアレコレにキョドる冬美ちゃんを強調してることで、他の回と比べても冬美ちゃんが漫符使ってリアクション取ってたり、冬美ちゃんのあわあわをめいっぱい強調している感じが個性的でした。冬美ちゃんはキョドっててナンボなポジションなのでとても楽しかったです。
あとはこの回含めてスタズの色に青が多く使われていることが印象的でした。キャラクター的におそらく冷静、無表情の強調でしょうか。特に序盤で多く見られたので冬美から見た魔界の異質さみたいなものも表現されているんですかね。

原画パートはBラストのマッチョな奴vsスタズのバリパンチっぽい所からスタズがマッチョを弾き飛ばすとこまでですかね。
tu.jpg
これとかシーキューブでもやってましたがかっこよかったですね。これなんて言うんですかね。カメラが寄ってるってことはTUってことではない…のかな?大張系の方がよく使ってる印象ですが。

hi.jpg
(上からブラッドラッド2話、セキレイ6話、イクシオンサーガ24話)
今回も爆発と共に画面手前に吹き飛ばされる対象物、使ってましたね。
下二つは人が吹っ飛んでる上タイミング弄って飛んでってるんで迫力と共に若干シュールな画面になってたんですけど、今回はまっすぐ飛んでくる無機物というところで今までとは違う印象でした。下二つと比べると単純に速度が増したように見えてかっこよくはあるんですけど、これはこれでちょっと物足りないというか、味気なさも感じました。
なにはともあれ斉藤さんの工夫というか、変化が感じられて面白いカットだと思いました。意図してるかはわかんないけど。



6、7話は原画やってなかったし、アクション作監つけておきながらそこまでアクションなかったのであんま書くことないです。でもエフェクト修正したりしてた6話で藤沢さんらしきエフェクトはそのままだったのはなんか印象に残ってる。
8、9話は原画で参加してますが担当パートはすごい短いんじゃないですかね。
8.jpg
9.jpg
(上8話、下9話)
8話多分上からの1、2カットだったはずだし、下のリズのカットも3、4カットじゃなかったかな。あぁめちゃめちゃ曖昧だ。
特に気になった部分はなかったですけど、下のカットみたいな直線じゃなくて途切れてたり尖ってたりしたエフェクト描いてるのはあまり見たことないかもしれない。(多分)6話でリズが怪鳥的なもの呼ぶあたりも斉藤さんっぽいタイミングでしたが、エフェクトが違うからキャラだけいじってるのかなぁと思ってましたが、やっぱちょっとずつエフェクトの描き方も変わってきてるのかな。途中で気づいたけど斉藤さんリズ担当みたいになってましたね。ついでに言えば9話の路地裏のお兄ちゃんvsメガネのキャラのところはエフェクトが菅野さんっぽいですね。



10話はお父さんの攻撃に反撃するところ、リズ到着、Bラストの坊主頭の仲間が戦うところでしょうか。
10.jpg
相変わらずリングとクロス大好きですね。毎回バリエーションつけてリングとクロス使ってるんで、そこらへんチェックするのも面白いです。
下二つのエフェクトは面白かったですねー。内から外へ、破裂するようにエフェクトがあふれ出るところホント気持ち良い。

斉藤さん、特に最近の斉藤さんのエフェクトは決してリアルな広がり方はしないですけど、毎回異なった形、広がり方、爆炎と煙の多さでありながら毎回力強さと壮絶なインパクトを焼き付けてくれるのが最高に楽しいです。
キャラクターのポージング、アクションを見ると確かにパターン化されたアクションもありますが、昔の作品を遡って見比べてみるといろんな部分でチャレンジしてみたり元に戻してみたりと試行錯誤が垣間見えて、どこをどう工夫しているのか明らかになるので、斉藤さんを追いかけるのは面白いですね。(これは別に斉藤さんに限ったことじゃないですけど)。斉藤良成さんのアクションエフェクト編年史みたいなの今度まとめてみたいな。でもキャプ取ってアップしての一連の動作がだるいからなあ。言葉だけじゃ益々わけわからん感じになっちゃいそうだし。うーん。




忘れるところだった。3話斉藤さんいませんけどそれっぽいところ
3-1.jpg
ここなんですけど、ポージングとエフェクトが似てるんですよね。でも斉藤さんの振りかぶってからの基本的なコマ打ちである3コマじゃないってのと、この後の
3-2.jpg
このエフェクトがちょっと今まで見たことないので違うと思いました。千葉山さんなんですかね。うーん。

あと録画消しちゃったんで確認できないんですけど(多分)5話で斉藤さんが修正したようなところ多々あったんですけど、テロップに名前なかったんですよね。ついでに千葉山さんもいなかったし。やっぱ千葉山さんじゃないのか、斉藤さんが実は手を入れてたりするのかわかんないですけど、早く確認したい。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:ざっかん
アニメ『グランブルーファンタジー』に斉藤良成さんがメインアニメーターとして関わるようですよ。絶賛応援。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR