--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-06-07(Sun)

響け!ユーフォニアム8話について。

 響け!ユーフォニアム8話がとてもおもしろかったので、前の更新でこんなこと書きたい~とか書いたやつすべてすっ飛ばしてユーフォニウム8話の感想を書きます。


 この回は麗奈が言っていたとおり「愛を伝える」回であり、伝えることによってキャラクター同士の関係にあらたな線が生まれる回でした。葉月と秀一の、(9話見てわかったことだけど)葉月と緑輝の、そして久美子と麗奈の関係図の中に、明確に関係性が書き込まれる。そんな感じの回。
 いろんなキャラクターが関係性を大きく変える内容ではあったものの、やはり話の中心は麗奈であったように思えます。
 Aパートのお祭りへの期待感を感じさせるような浮ついた空気は単純にキャラクターがお祭を話題にしているってのもありますが、テンポの早いカット割り、コミカルなキャラクターの芝居でその印象を強めていました。でもその浮ついた空気は麗奈にとって「特別でないもの」「他人と同じもの」の象徴であって、Bパート、街の灯りを見下ろす高坂にとってそういう風にしか写っていなかったんだろうなあと。

 その街を見下ろす麗奈あたりが面白い、と思うのはBパートの山登り中の会話があったらかこそ。
 青い画面、青白いワンピースが祭りの空気と対比されているかのような寂寥感と幻想的な空気。麗奈が感じる「特別なこと」を「している空気感なのかな。でも、そんな空間でありながら、久美子にとって高坂が幻想的というか、捉えがたい女の子というポジションから少しずつ等身大の高坂が見えてくる…久美子が理解できる部分の麗奈と理解できない部分の麗奈がわかってくる…付かず離れずな会話劇がこそばゆい感じでとても良い。例えば特別な存在で居たいと思ってる麗奈がなにもかも放りだして旅に出てしまいたいと思っているのに、明日学校があるから、という理由でそれを実行しないのは、麗奈の中で自分が特別な存在としていられる場所を理解しているからだろうし、「明日学校だし」という言葉を受けた久美子のなんとも言えない顔は、幻想的な女の子だった麗奈が現実的な問題をきちんと踏まえた上で特別な存在でいたいことを理解した顔だったのかな、みたいな。
 愛の告白 という言葉を半笑いで受け止めてた久美子が、最終的に麗奈と愛を知った場所を演奏するってのもね。良いですよね。
最後に性格悪いって麗奈が言うのは、私が本気だってこともうわかってるのに今更聞くことでもないでしょ、みたいな感じの意味ななのかも。

 「愛」っていうと大層な言葉に聞こえるけど、この回での愛とは隠れていた本音って意味に近い気が。それを伝える伝えないでそのキャラクター青白くもなるし、純白にもなるし…画面と物語のシンクロに加えて、声優さんの演技も光る、そんなとっても素敵な回でした。


 キャプチャ付けるのに手間取ってるのでまたあとで付け足すかも。
スポンサーサイト
2015-06-01(Mon)

諸々について。

 あけましてからもう6月…ブログを見ると早いなあと思うけどなあ…そうでもないんだよなあ。
 ということで書きたかったこといろいろ。



○百日紅について。

 この前百日紅を見てきました。日常系萌えアニメでした。主題を強調させず、お栄が生きていく中で「こんなことがあった」ってな感じの導入から原画マンが描きたいもの描いてる感じで、いろんな意味で自由奔放な作品でした。犬の存在とかやけに犬だけのカットが多いとか火事とか、描きたいから用意したみたいな感じで良い。
 井上さんのパートがどれも面白かった。雪遊びのシーンは男の子がお猶の動きを気にしながら距離を離したり、振り向いたり…全体的に優しさが感じられる芝居作画が多かったと思います。
 キャラクターの背中越しに世界を見る、っていう構図とか変化が少ない(もしくは単純にTBだけとか)長尺のカットがとても心地良かったです。金曜夜にほっと一息見る、みたいな感じ。
 いやーほんととても心地良いアニメでした。肩の力を抜く、というよりホッとできるというか。自然に作品に入っていけるのに、舞台は江戸時代っていう面白さ。 
 萌えポイントはお栄も良かったですが、善次郎に尽きますね。この作品において、驚きとか戸惑いを表現するのに大体善次郎がその役を担っていましたが、その都度細かい芝居作画が入るからめちゃめちゃ可愛いという。祇園の街から帰るカットとかずっと善次郎がチョロチョロしながら主人公と北斎にくっついていく感じが萌えですよ萌え。
 
 個人的にはこの「ほっと」感を劇たまゆらに求めてたんですけど、少し印象と違ったかな。もっと横道それてほわほわやってるところが見たかったんですが、もうたまゆらはそんなことやってる場合じゃないのかもなあ。いや、面白かったんですけどね。しゅん…ってなる感じだったのでつい。
 しかしたまゆらの楽曲はいいですね。全部好きです。中島さんにも歌って欲しい。


○氷菓コメンタリーについて。

 最近出た氷菓ブルーレイボックスを買いました。コメンタリーが入ってて、ディスク1枚6話くらい入っててとても良いです。
 コメンタリー聞きましたが、武本さんと賀東さんのコンビ面白いですね。コメンタリーは相手によって話してもらえる内容が異なりますが、監督と脚本家さんってコンビだと、脚本家さんから画面についての単純な質問みたいなのがポンポンでてくるので、聞きたい話もよく出てくる気がします。ますなりさんと倉田さんのコメンタリーもそんな感じだったし。
 コメンタリーを聞いていると各話演出のアイデアをかなり尊重している印象をうけました。各話の演出面が前に出る時(話をしながら状況を整理する場面やイメージを語って物語が進む場面)は大体各話演出家さんのアイデアが採用されていたり。他作品がどうだかはイマイチわかりませんが、アイデア、という部分ではかなり各話演出任せになっているような気がします。
 また、そういったイメージの視点、キャラクターの芝居は奉太郎視点であることを前提として構築している、みたいな話は面白い発想だなあと思いました。基本的には他作品も主人公視点であることが基本ではありますが、「奉太郎視点であること」でキャラクターの芝居一つとってもどういう意図なのか、というのが大きく変化すると思います。そこを意識して見直したら面白いかもなあ…ということで。
 あと7話(内海さん演出回)で武本さんが、「内海さんが演出すると男も女も可愛くなっちゃう」って話をしてて、ですよなあってなった。Freeはそういう意味で新たな挑戦だと思ったもんだけど、ちょっと違かったなあ。
 15話では谷登場カットで原画マンにスポットが当たってました。タイミング的に内海さんも相当手を加えてそうな気がしますが、武本さんいわく「すごい上手なアニメーターさんが描いた」とのことなので、その人の色が強く出ているのでしょうか。個人的には佐藤達也さんかなあとも思ったのですが、作wikiだと別パートが書いてありますね。どうなんだろうか。佐藤さんじゃなきゃ多分牧田さんになるんだろうけど、佐藤さんじゃねえのかなあ。
 
 他にも諸々言及しているものはあるので是非ともボックス買いましょう。オススメです。


○斉藤さんについて。

 夏から斉藤さんキャラデザのアニメやるみたいですね。
 https://venus-project-tv.themedia.jp/
 なんか12,3話じゃないとかなんとからしいですが、いかんせんホームページが質素なので…果たして。キャラ紹介も拡大したの使ってたりして雑で悲しい。アクションものと考えていいのだろうか。NOMADにやる体力があるとは思えないけど、中山さんと斉藤さんのつながりでぜひともカンバって欲しいです。絶賛応援です。頑張れ VENUS PROJECT TV ANIMATION…というか斉藤良成さん。



 他にもプリパラ最近面白いんですよ話とかアイカツのダンス面白いですよ話とか最近色々コンテを見る機会があったよ話とかGWにまなびストレート!を観直したよ話とかアニメ(ーター)見本市で面白かったやつ話とかあるんですけど次の更新機会に。

プロフィール

ざっかん

Author:ざっかん
今年度下半期の目標はイベントに積極的に出る、です。仕事での目標についてはなにもありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。