FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-08-06(Sat)

シン・ゴジラについて。

 お久しぶりです。なんともう8月。いろいろブログに書きたかったこともあったけど、忙しさを理由にないがしろにしてしまった。最近感想残しておくことの大事さを身にしみて感じているので、もう、なんか良いな!って思ったらすぐどっかに書くようにしてる。

 シン・ゴジラを見てきました。庵野監督作品って嫌いではないんだけどのめり込んだこともなくって。そのうえゴジラってあんまり印象なくて。ハム太郎と同時上映した時、ハム太郎がゴジラに食べられてるキーホルダー貰ったなあとか、あれ生まれて初めて親同伴無しで映画館行ってわくわくしてたなあとか、そういう印象しかない。…割といい思い出だった。
 ちなみに一日に2回映画館で見ました。これも初めての体験だ…。お金がなかったのでATMを探し、お金おろして2回目見ましたが、良い判断だった。1回目は言葉の情報量に飲み込まれて画面に意識が行ってなかった。
 ということで前知識とかゼロですが、感じたことをそのまま。ネタバレあり。

 自分が良いなあと思ったのは大きく分けて以下2つ。

 ○各キャラクターの意思の表現と画面
 例えば序盤、官邸で会議開いたりなんだりしているところ。出席者は大勢いるのにほとんどが感情を出さず、淡々と具申したりペーパーを読み上げたり…テンポよくカット割ってるけど、芝居が飄々としている分、緊迫感は薄い。でもトンネル事故等の原因が巨大生物である可能性が高まると、芝居やFIXの画面が途端に強硬な表情を見せる。総理大臣から見た主観視点で、各省庁の大臣が意見を次々の述べるカットでは、各大臣が無表情で、まっすぐとカメラを見つめて意見を伝えてくるんだけど、淡々とした口ぶりでありながら情報量が多く、真意が読み取り辛い言葉であるから、その言葉の波に飲み込まれ、圧倒されてしまう。それは同じ目線から言葉を浴びせられている総理大臣も同様だろうし、緊迫した状況を客観視させない画面作りをしているなあと。
 ここの場面って大臣本人の意思表示という要素は少ないんだけど、発言にはその後ろに居る各省庁職員の思惑や策略が含まれていて、大臣は各省庁の集合体として存在しているかのような、ぼんやりとしているけど大きな意思表示になっている。それがまたどこまで大きなものであるか分かりにくく、掴みどころがなくて怖いっていう。しかもアップで大臣の顔は撮られているんだけど、後ろにピンぼけで秘書官?事務次官?が座っていると、まさに大臣の背後にある意思が見え隠れしているようで恐ろしい。だからこそ防衛大臣が自衛隊の攻撃が無為に終わってしまったことに対し感情を露骨に見せている場面が特徴や大臣の性格を前に押し出し、他の省庁とは違う印象を受けるのかもしれない。

 表情や顔を見せないことによって印象的になっていたところもあった。
 巨災対のメンツが思い思いの考えを話すカットは誰かの後頭部越しに、カメラ側に向かって意見をぶつけてくるカットが多い。聞いている相手の表情や感情を排除した、一方的な意思表示であることを強調してて、圧迫感ある画面でとても良かった。巨災対はチーム感が殆ど無くて、言葉で殴りあってるような気がして面白かった。みんな一方的に発言するんだけど知恵が集まって対応策の立案にたどり着くっていう。基本的に主張を訴える時って真正面から映す画面なんだけど巨災対のメンツは右を見たり左を見たり…比較的バラバラとしているように思えた。統一感のなさが伝わる良い画面作りだと思う。
 他にも代表者然としたキャラクターを少しでも減らそうとしている画面作りが良かった。米軍なんかはカヨコが米国代表みたいなポジションだったけど、米国の決断とか方向性をカヨコが決めた場面は無くって、カヨコからの働きかけの結果、顔の見えない米国高官が大統領に核使用について低減をする、みたいな間接的な活躍として見せようとしているのが印象的だった。意思決定を下す米国(その他の国も)の人間は最後まで出てこない。皆大きな「圧力」のなか自分の意思を示そうとしているから誰かが英雄になることも無い…みたいな。

 序盤はやっぱり登場人物も多くて、見始めたばかりの時間帯だから混乱することも多い。それが緊迫感だったり混乱した状況下、という印象を与えているのかもしれないけど、後半の整然とした画面作りも良かった。
 立川の本部屋上で矢口と赤坂が自身の主張をぶつけあうところ。今まで人が多く閉塞感を感じる画面が多かったのに対して、空と屋上のコンクリートが画面の殆どを占める。空の雲も印象的ではなくて、それが逆にシンプルな画面に見えてくる。カメラはフォローパンしてて、矢口はずっと画面右を向いて歩く。赤坂は途中から画面左を向いて意見を衝突させる。その後に後頭部越しのカメラがあって、一方的に言葉をぶつけあっているように感じる。画面右への方向性は世界の主流ではないものの、ゴジラをなんとかした後の、未来の東京を見据えたプラスの方向で、画面左は世界が考える方針、日本からするとマイナスな方針…東京壊滅・復興の遅れ已む無し(=赤坂の方針?)という立ち位置なのかな。その後も国連決議も出たんだ!って言う赤坂の場面とか、画面左へ歩いて行って振り返って話す(そのまま写すと右を向くことになる)ところで、あえてカット割って赤坂を真正面から映すカメラにして、右を向かせないようにしている。
 矢口はその後も基本的に右を向くんだけど、ゴジラを見据えるときは左を向くんだよね。それも画面の左側に写して。ここの意図はなんだろう…。
 ゴジラのカメラ内の進行方向はかなりバラバラだった気がするけど…あぁちゃんと意識して見てないな。法務大臣が「なんでこっちにくるんだ!」って言った辺りで少し意識し始めたけど…あぁもう一回見たい。


○登場キャラクターを英雄にしない演出
 ゴジラが来たから倒す。シンプルだからこそこの「倒す」役割を誰にするかによって、それが英雄然としてしまわないか、正直心配だったけど上手く避けていたように感じる。
 矢口が中心人物だから祭り上げられてしまいそうなんだけど、そこをラスト…普通であれば歓喜の瞬間が訪れるところを安堵やこれからの復興を視野に入れ始めた…みたいな反応で、矢口の感情をおおっぴらにしないことで英雄的な印象も和らいでるし、なにより矢口が対応策に気づいたわけでなく、ただ決裁を下すポジションであったという風に序盤から下積みを重ねてきたから嫌味っぽくもない。そしてゴジラに近づいて、実際に冷却剤を注いだのが名も無き部隊員っていうのも良い。冷却剤の投入方法もすごく地味だし。
 そいで一番痺れたのは、ド派手にゴジラにぶつかっていくのが近代日本を象徴し、日常的に日本人が使っている新幹線や電車、オフィス(ビル)ってのが、最高にかっこいいじゃないですか。今まで蓄積してきた日本の叡智たる無機物な機械達が、日本の背景を背負ってゴジラにぶつかっていく。宇宙大戦争をバックに。序盤でゴジラに蹂躙されて吹っ飛んでいった北品川駅の車両や簡単に押し倒され、真っ二つになっていたビル群がまるで反撃するかのようにゴジラに襲いかかっていく。ここだけ異様に復讐劇っぽくて、人間的ってのがもうたまらなく好きです。
 登場キャラクターを英雄にしてゴジラに挑ませるのではなく、たくさんの人達が作り上げ、改良されてきた機械を使ってゴジラに一矢報いる。かっこいいですなあ。


 以上。支離滅裂に長々と感想書いたけど、新幹線とか横並びする在来線とかキビキビ動く戦車とかでうわーすげーかっけー!ってなれて、そういう自分がいることを確認できたことが一番印象的だったりします。このワクワクとドキドキな体験があるからいっぱいアニメも映画も見たいと思えるのよね。
 ブログ…もっと更新したいなあ…


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ざっかん

Author:ざっかん
ブログ移転しました。
http://zakkanzakko.seesaa.net/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。