--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-27(Mon)

あいうらについて。

自分はねらわれた学園を試写で見てから中村亮介監督と細居美恵子さんのコンビが好きになりまして。
何がいいかって言うとキャラクターを見せるカット全てに熱が入ってるなぁと思わせるレイアウトやキャラ芝居への工夫の凝らし具合が他の作品とは違うところで。
特に女の子の色気だったり所謂「ポル産」的なエロいカットの構成は今までない表現の仕方なんじゃないかなと思っています。
簡単に言えば数回PAN+イメージBGでお色気っぽいポーズした止めのキャラとか使わないのが良い。



まず中村亮介監督の「露骨じゃないんだけど露骨なエロカット」を紹介したいと思います。
これは多分(自分でもなんでこう思ったかちゃんとわかってない)視線誘導を反復して使っているからなんじゃないかな、と思うんですが
(2013Q2) あいうら 第01話 a_R
(2013Q2) あいうら 第01話 b_R
(2013Q2) あいうら 第01話 c_R

このカットは特に良かった。上半身で包み紙を見たり驚いてみたりしてるんですけど、下半身では脚を少し開いたり驚いて足が跳ねたりっていうのを上半身と合わせたり、反復させたり動かしているので自然と足に視線が向かってしまう。しかも何回も繰り返して。
その見ちゃいけないけど見ちゃうっていう背徳的な感覚を生み出していることがこのカットのエロを担う重要な部分であると思います。
またそれが「露骨なんだけど露骨っぽく見えない」の要素なんじゃないかなぁと。


2つめは上半身のアウトラインとゆっこんのフォルム。
下半身ももちろん「これでもか」ってほど強調されてますが、上半身のエロさも忘れちゃいけないと思います。

(2013Q2) あいうら 第02話 b_R
(2013Q2) あいうら 第03話 b_R
(2013Q2) あいうら 第05話 c_R

2話以降の他二人も主力になったことにより、下半身で勝負しにくくなったゆっこんが上半身の丸みを帯びたフォルムで勝負しだした印象。
スラッとした足が印象的で、その上バスストショット自体が少ないあいうらだと、バストショットで寄るとなかなかインパクトあるんですよね。
引きのカメラでも一人だけずんぐりむっくりなので視線が行きがち…キャラクターごとの利点をうまく使っている中村亮介監督の腕が光ります。


3つめはウエストショットによるスカートのエロス。
あいうらはウエストショットが多いのですが、そこでうまい具合にスカートがちらちらするのがエロい。

(2013Q2) あいうら 第05話 b_R
(2013Q2) あいうら 第04話 c_R

両方とも手を目一杯使っているため視線はそっちに行きがちなんですけど、画面下では見え隠れするようにスカートが翻っているという手振りの可愛さと、スカートに垣間見る太もものエロスが同じ画面で起こっているという素敵なカット。
1つめと被りますが視線誘導が自然に起こってしまうので「なんかエロい」画面が作られているんじゃないかなと思いました。




先日行われたねらわれた学園イベント行ってきたのですが、エロスも一要素として推しているという話は聞けたのですが、エロい画面をどう作るか、ということが聞けなかったのがちょっと残念。質問しとけばよかったかも。
でもどうやらねら学もあいうらも特典でコンテ見られそうな上、コメンタリーあるようなのでそこでなにかヒントが出てるかどうかが個人的な楽しみです。
後はあいうら終わるまでに中村亮介監督の過去の演出回を追えればなぁと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ざっかん

Author:ざっかん
ブログ移転しました。
http://zakkanzakko.seesaa.net/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。