FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-01-28(Sun)

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』3話について。

 どうも。じゃんじゃん更新。
 
 1、2話は内的な心情の整理に近い物語だったけど、3話では世界が広がり、ライデンで暮らす人々や他者との関わりが見えるようになってきた。
 アバン、ライデンで暮らす人々や風景、ライデンの街を歩くヴァイオレットから始まる。
 bandicam 2018-01-27 22-50-54-230
 bandicam 2018-01-27 22-51-43-508

 他者との関わり、に関して。ルクリアとは向き合う、というのを意識した画面が多い。
 bandicam 2018-01-27 22-54-10-080
 bandicam 2018-01-27 22-54-10-879
 bandicam 2018-01-27 22-53-44-735
 

 Aパートはいわば一方的にルクリアがヴァイオレットのことを慮る様子が挿入されている。そういう一方通行的な二人の関係の中ヴァイオレットが作った手紙は「伝えたい本当の心を伝えられていない」」と先生に評されるわけだけども、ルクリアの言った父母と「行きたかった場所」というフレーズをヴァイオレットが汲み取れなかったという点が「伝えたい本当の心を伝えられていない」と評する一つの理由だとわかりやすく、かつBパートへの伏線になっている。

 
 Bパートでルクリアが自身の家族のこと、兄へ伝えられていない気持ちを話すシーンにおいては、画面の色が変わる。ヴァイオレットにとって心の底をを聞くという状況は世界の色が変わるほど重要なものであるのかもしれない。
 bandicam 2018-01-27 22-59-10-163

 また、ルクリアとヴァイオレットがAパートと同様の位置。関係が積み重なっていくことを感じる。
 bandicam 2018-01-27 22-57-25-784
 bandicam 2018-01-27 22-57-27-191


 ルクリアの帽子に手が届かなかったあの日。父母の死とその理由によって、心も届かなくなってしまった。ルクリアも同様の感情。それがヴァイオレットの手紙となって手元に届く。
 bandicam 2018-01-27 22-55-50-568
 bandicam 2018-01-27 23-02-36-502
 ヴァイオレットがルクリア兄へ渡すカットではルクリアに居た位置にルクリア兄が。
 bandicam 2018-01-27 23-03-12-813

 
 作中に先生やヴァイオレットが何度も口にする「本当の心をすくい上げる」というフレーズからも、今回は手に焦点があたるカットが多かったかな。

  
 
 その他、ヴァイオレットの手袋。
 1,2話もあった噛むという芝居。Bパート、「言葉の中から伝えたい本当の心をすくい上げる」を意識したヴァイオレットはそれをしなくなる。相手の心を汲むということがわからず、どうしたらよいのか分からない、という感情から脱却する一歩。
 bandicam 2018-01-27 23-17-56-944
 これも手の芝居。


 あとはアバンとBラストのモノローグ。
 モノローグは2話のアバンにもあった。いずれもヴァイオレットを客観視させる意図が強い。逆にヴァイオレットのモノローグはほとんど(一切?)なかったりして、そこら辺の強調としても役立ってる感じ。
 ラストのモノローグはどれもヴァイオレットから教えられたものや与えられたものをしっとりと話すのが、とても印象的。その究極として1話のギルベルトが口にする「愛している」なのかも。



 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』はヴァイオレットを取り巻く人々や世界が叙情的で色彩豊かな作品だ。まるで真っ白なヴァイオレットの心に優しく色を付けていくようで、そういうところがすごく良い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ざっかん

Author:ざっかん
ブログ移転しました。
http://zakkanzakko.seesaa.net/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。