--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-02-28(Wed)

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』7話について。

 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』7話は会えないことの寂しさを知ったヴァイオレットが、大切な人と二度と会うことが出来ない「死」の存在を認識する話だった。

 Aパートではオスカーの世界がオリビアの死により「止まった世界」となってしまったことを映し出すカットが多い。
 bandicam 2018-02-27 21-07-14-372
 bandicam 2018-02-27 21-07-47-154
 オリビアが座っているはずであった椅子。持ち主がいないような風景。
 bandicam 2018-02-27 21-08-54-743
 bandicam 2018-02-27 21-13-36-003
 湖。風も吹かない「良すぎる」ほどの天気で落ち葉が溜まる。水鳥が波を起てることもなく、ただそこにあり続ける。
 タイムラプスでの夜の湖もあまりにも変化がなくて、逆に印象に残る。

 止まった世界にてオスカーは「いつかきっと」を、物語を通して追い求め、その中で「同じ色の髪の少女」であるヴァイオレットにオリビアを重ねる。
 bandicam 2018-02-27 21-08-16-811
 「右手に触れる」はオリビアと重なる。併せてヴァイオレットが義手であることを理解させる。
 そういえばヴァイオレットが義手である、ということを各話のキャラクターが知る…みたいなシーンは割りと重要なものとして描かれている気がするな。

 bandicam 2018-02-27 21-10-44-011
 bandicam 2018-02-27 21-10-39-716
 bandicam 2018-02-27 21-15-37-400
 オリビアとの思い出を重ねる、というカットが多い。Bパートへ繋がる芝居、同ポジもあった。

 bandicam 2018-02-26 21-45-39-802
 ヴァイオレット自身も劇中人物であるオリーブに気持ちを重ねる。その時に優しい微笑みを見せるオスカーがとても良い。二人の心がオリビア・オリーブを通して「いつかきっと」を叶えたいという願いに繋がっている。


 Bパート、同じ色の髪をもつヴァイオレットの助言によって、父の元へと帰るオリーブの物語に結末を付け、「いつかきっと」を実現させる糸口を見つけた。 
 bandicam 2018-02-25 22-58-17-834
 bandicam 2018-02-25 22-58-38-761
 bandicam 2018-02-25 22-58-41-138
 再生を象徴するように風が吹き、湖が揺れる。止まっていた世界が、再び動き始めた。
 
 bandicam 2018-02-28 20-58-29-279
 オリビアの形見でもあった傘をヴァイオレットに託す。世界を旅する自動手記人形によって、この傘はどんなところへも飛び立てるようになった。


 bandicam 2018-02-25 23-02-14-664
 …ただ、ヴァイオレットにとっては人の感情を知ることは人そのものを知ること。感情もなく、ただ人を殺してきたヴァイオレットの行為が誰かの可能性を奪っていたことを、この時やっと理解する。一つ一つの感情を少しずつ知っていくとともに理解する因果。知らず知らずにヴァイオレットの中に暗い炎が静かに広がっていた。
 人の感情は必ずしも幸福を与えるものだけでは無い。ギルベルト兄に「多くの命を奪ったお前が、人を結ぶ手紙を書くのか」と言われたにも関わらずヴァイオレットが大きな動揺を見せなかったのは、その一言が自分の存在価値をも脅かすものだと、ヴァイオレットは気づかなかったためかもしれない。
 
 
 bandicam 2018-02-26 22-01-20-492
 そして大切な人の死が自分にも降り掛かっていたことを知る。火を彷彿させる赤の絨毯。ヴァイオレットはその場から逃げることしか出来ない。
 
 bandicam 2018-02-25 23-04-43-263
 坂を駆け下りるヴァイオレット。ここまでマイナスなイメージとしての「下る」は今までなかったかも。
 
 bandicam 2018-02-26 22-02-19-660
 燃え狂う感情に反して、ヴァイオレットにとっての「世界そのもの」が無くなったということが分かるサブタイトル。真っ黒な背景が「空白」というより「ポッカリと穴が開いた」心象を表現する、絶妙なサブタイトルだったと思う。



 その他、印象的だった部分。
 ブローチを噛む。
 bandicam 2018-02-28 21-01-15-655
 序盤の回で多く出てきた仕草で、感情が理解できないときや上手く飲み込めないときに見せていた。今回は「死」へのとても辛く寂しい感情に対してだった。


 理解できることが増えるということが必ずしも肯定的な意味にはならないということ、というのはヴァイオレットの過去を考えると当たり前なことで。ただそれでも愛しているを知るためには人の心を理解しなければならない。そんなせめぎ合いが今後生まれてくるのかな。
 徐々に蓄積された人の感情の光と影。ヴァイオレットにとっての「世界」を失い、心の穴がどう埋まるのか、もしくは埋まらないのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ざっかん

Author:ざっかん
ブログ移転しました。
http://zakkanzakko.seesaa.net/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。